スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ノ島 寒中神輿錬成大会

今年第二回目の参加祭。

そして、記念すべき今年初の神輿です。

江ノ島寒中神輿錬成大会!!

寒中神輿ポスター

この時期に開催されるのは、大概が裸祭です。

七日堂裸詣り
鉄砲州稲荷寒中禊ぎ
会津板下大俵引き
的ばかい
国府宮・・・

なんか、寒いときに裸になったり海に入ったり、
祭って、熱いですよね。

そんなこんなで、週末裸族な感じです。

裸族

毎年の事ですが、藤沢市の成人式です。
毎年、振り袖の成人さんが神輿に乗ったりするのですが、
今年は神輿の上には乗らなかったです。

本部

自分は、四基のなかでも、唯一の江戸四天棒の神輿を担がせて貰いました。
中棒に入って、ところてんだったので、端棒も担げたし、楽しかったです。

とはいえ、こう言う海に入る神輿だと、中に入ってしまうと、
殆ど、担いでいる姿が、写真には残らないんですよね。

今でこそ、色々と知り合った方との伝手で、
色々と便宜を図って貰えることが多いのですが、
神輿の世界に入ったばかりの頃、個人で活動していたので、
荷物をいかに少なくするか、どこに置いておくか、
どこで着替えるか、迷惑にならない場所は・・・
そんな事を考えて動かなければならなかったのですが、
最近は有り難い事に、知り合いの荷物と一緒に置かせて貰ったり、
本当に楽になって凄く有り難いです。

海から出て、豚汁とお酒を頂いて少し躰を温めてから着替え。
久しぶりに肩に充実感を感じる痛み♪

豚汁

海で担ぐときには、前後の担ぎ手さんとかなり密着して担ぎます。
そうすると、前の人の水で濡れた捻った後褌が自分の腹に擦れて
軽い擦り傷になっていました。
感覚が戻ってから気がつくんですよね。

ん?何で、腰で締めた褌の後が、自分の腹に付くんだ?

後は、足の爪を剥がしてしまって、靴下が履きづらかった。

何のかんのありましたが、全部終わって片瀬江ノ島駅前のコンビニで、
肉まんと缶ビールを買って帰宅。

地元のスーパー銭湯でのんびりして、今年二回目の祭終了です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

祭初めは七日堂

みなさんあけましておめでとうございます。
10日も過ぎて、今更何を言っているのかといわれそうですね。

少し、仕様で年末、特に12月は多忙でブログも書ききれませんでした。
それでも、少しづつ余裕が出来てきたので、また祭ブログを細々と
再開していこうと思っています。

自分、1月6日~福島県の会津に行って参りました。


さて、日本全国には規模の大小問わずにいくつの祭があるのでしょう?

そんな中でも奇祭と呼ばれる部類に入るのではないでしょうか。

福島柳津 七日堂裸詣り

七日堂ポスター

毎年1月7日の午後8時半に、下帯姿の男達が円蔵寺本堂の麻縄によじのぼり、
大鰐口を目指す、一年の幸福と無病息災を祈願する祭り。

実は、自分の祭好きを決定づけた祭でもあるのです。

学生時代、テレビのニュースで見て、勇壮で雄々しくて、気迫に満ちて!
無茶苦茶荒々しいパワーを感じました。

まさか、十数年後に自分が参加できる日が来るとは!!
2012年の祭初めが、この祭って凄く運命的。

和楽備神社の祭のあとの飲み会でマーくんに声をかけて貰ったこと。

会津の、だいさんと担ぎ友達だったこと。

就職した今の職場で、1月7日、8日に休みが取れたこと。

色んな条件が上手く重なってくれて、念願の七日堂初参加の運びとなりました。


面倒な交通手段の手続きは、殆どマー君が手続きしてくれました。

王子駅から長距離バスで6時間くらいかなぁ。
2回の休憩を挟んで、なんだか、はしゃいでいるうちにあっという間に会津若松駅に到着です。

会津若松駅

あかべこが首を振って、お出迎えしてくれました。
かなり年季の入ったゆるキャラですよね。

自分らはジモティーのダイさんに車を出して貰って移動。
まずは初めに土産物を買ってから昼飯。

途中、ユニクロに寄ったり、ダイさんの実家に荷物置いたりしながら柳津へ。

16:00くらいに会場の円蔵寺へ

円蔵寺

けっこう、吹雪いてきて寒くなってきて、夜が少し不安に・・・

雪

とはいえ、やっぱりワクワク興奮のほうが強い。
鰐口も見てきましたが、かなり高いなぁ。
高所恐怖症の自分には少し不安。こづゆ

我々がお世話になる町民センターの麓で、会津の郷土料理『こづゆ』を頂きました。
乾物大好物名自分にとって、感動的に上手かった(^o^)

サクラ定食

夕飯に馬刺し定食を頂いて、いざ町民センターへ。

町民センター1

御神酒


ここで、まったりと昨年の写真を見せて頂いたり、御神酒を頂いたり、
集合写真を撮ったり、下帯を締めたりと、和気藹々と時間を過ごしました。

意外と、一年に一度の参加という事で、ふんどしの締め方が
解らないという方も多くおられて、
締められる人が手伝ってあげてくださいとアナウンス。

そういえば、小渡の天王祭でも同じだったなぁ。
何のかんのと、数人の参加者さんに六尺を締め混んで行きました。

締め込み中

後から聞いたら、やっぱり普通の六尺の締め方とは違うらしく、
今度、下帯の締め方を教えて貰おうっと。

さぁ、いよいよ祭の開始です。

集合

町民センターの入り口で全員で気合を入れていざ出発。
我々のセンター組が一番七日堂に遠いので、少し大変みたいだけれど、
自分らのテンションはマックスハートのハートキャッチです。
爪弾くは祭の雄叫び、キュアワッショイ♪



やっぱり、人間の生理って躰も半分、気合も半分で、テンション高いと
寒さって意外に平気なんですね。
センターロビー

走れ七日堂へ

風がなかったので、水を途中かけられてたりしたけれど、なんか平気だった。

結論を言って、あんまり寒く感じなかった。

本堂に入ったら、既に麻縄には野郎共がとりついて、賽銭箱のお立ち台は大変なことに。

登れ!

カンダタと蜘蛛の糸って、こんな感じなんだろうなぁ。

上見たら、師匠が既にガーゴイルかファントムのようにとりついていた。

あっちこっちと押し合いへし合い、ようやく掴んだ麻縄。

何とか二たぐりくらい上にあがって、良しっ、気合い入れて上を見た刹那。

上から踵が自分の額に直撃して、不覚にも落ちてしまいました(>_<)
なんで、あの縄離しちゃったんだろう、悔しい・・・
そして、今でも軽い鞭打ち気味。

でも、あの中にいられただけでも本当に楽しかった。
来年は登り切りたいなぁ。

イエィ!

抽選会に

集合2

最後の抽選会では、300mlの清酒を貰い、ホオの木の破魔矢を頂きました。
町民センターで風呂に入り、同じ参加者さんとお話をしてから、若松へ。

仲間同士で居酒屋によって、軽く飲んでダイさんの実家に行って爆睡。

本当に、ダイさんとダイさんの御母堂にはお世話になりました。

翌日は、会津若松駅のすぐ近くにあるスパ銭でまったり。
ナント、入湯料390円でサウナも露天もありました。
しかも、ナトリウム泉で天然もの。

バスの時間までダラダラまったりして会津を楽しみました。
鶴ヶ城に行けなかったのは残念だけれど、また来ようと心に決めました。

本当に楽しい祭でした。

皆さん、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
プロフィール
神輿好きな自分の祭参加ブログです。拍手やコメントを貰えると喜びます。

響こーいち

Author:響こーいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村
最新トラックバック
管理
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。