富岡八幡宮例大祭

水と遊ぶ祭第二弾!!!

深川八幡のお祭りです

ポスター

愛知県から帰ってきて、すぐのお祭りです。

実は夜勤からの5日間家に帰っていないのですが
小渡の祭が基本的に褌も切り分けて頂けるのと、半纏を貸してくださるので
基本は手ぶらの裸一貫参加なんで、この深川の荷物だけだったと行っても
あんまり過言ではありません。

いでたち


我々の参加させて頂く木場五丁目さんは、なんと褌OK!
と言うことは・・・荷物減らせる!!

でも、酒気帯び禁止!!!
あう、我慢なのです(^_^;)

駒番


それにしても、連合の時は朝が早いですね。
東陽町2丁目の友人は朝4時に出たとか(^_^;)

カトさんが用意しておいてくれたコインロッカーに荷物を預けて
さぁ、いざ出陣!!


なかよく
恒例の『なかよく喧嘩しな〜♪』

折り返しての一列に並んだ神輿の駐機する様は実に壮観!

こんなにも祭といえば耳にする『ワッショイ』を口にする機会って
実はそんなに多くない。

昨日までの『オイサオイサ』から、『ワッショイ』に切りかえます。

先日、小渡に一緒にいたヒグさんとは今回は別の町会。

われら愛知から直行組〜♪

ひぐさん
ヒグさん

じんげん
そして、じんげんさん!

この祭は基本的に行列のように一列で動くので、
初めの折り返しで会わないと、ずっと会うことが出来ません。

神輿が動き出して、10分後にはもう完全にズブ濡れ。
半股引では足が動かしづらかったのですが、褌で随分動きやすい。

まぁ、やっぱり半股引率が圧倒的でしたね(^_^;)
どのみちミニスカ状態で、見えないんですけどね。

黒

かとさん2

しげ

まさしゅう

あざとい

なりたさん

とおめ


端棒


この神輿の大原則が『隙間を作らず入って盛り上げる!』です。

少しでも空いている隙間には、混雑電車の吊革争奪のように
ずりずりと体をねじ込んで行きますよ。



男も女もおっさんも坊やも肩の高さも全く関係無く!
まさに『おまつりワッショイ』状態。

さとさんも

しゅーぞーさんも


要所要所で神輿は廻ります。

木場五睦の半纏を着た役員さんが神輿の芯に立ち
両の、かいなを広げて中腰で叫びました。

この神輿をさすときは、担ぎ手は皆中央に向きます。
このときに消防団の放水、町会のトラックバケツ隊などから
滝のような水を浴びるのです。
ハッキリ言って呼吸が出来なくなることもしばしば。

させ〜

水使い


そして、神輿は遙か天空に跳ぶのです!!

雲の隙間からさす御天道様の光が鳳凰の尾をキラキラと。
水の飛沫は光を七つに分けるのです。

担ぎ手もさっぱりした顔をしているのですが、
掛ける側も、またサッパリした顔をしています。

いたずら

・・・いたずらっ子の顔だよなぁ(^_^;)
このあと、僕がどうなったかは、想像に容易いと思います。

放水〜
この日は消防団も主役!

ああぁぁ滅法界に楽しいっ!!

富岡八幡宮1

富岡八幡宮2


冒頭にも書いたけど、水と遊んだ!
乾くいとまなんて全くない。
水がお湯になる事はあっても、絶え間なく浴びる沿道からの声援と水が
決して気力も半纏も乾かせない。

実況は

実況をしてくれたのは小学校の放送部とかかな


すこし纏まった時間休めるお昼なんですが・・・

僕の場合、この時間の四分の三を、トイレ並びに費やしました(>_<)

みんな慣れない濡れた半股引でナニを取り出すのが時間が掛かるみたい。
中には、半股引の下に更に褌をしている方が結構いて大変。

40分ほど並んで40秒で終了(>_<)
結構、神輿は先に行ってしまってました。

コレは次回はトイレの場所をしっかり把握しておかないと駄目だなぁ。
40分まったトイレの先、神輿の足で20分ほど先にもトイレがありました(^_^;)

木場五

我らが木場五丁目の神酒所に辿り付くと、大歓声。
いいねぇ、この英雄の帰還にも似た高揚感。

おわったぁぁぁぁ!!
全員濡れ鼠状態でニヘラニヘラと笑うしかない様な
披露困憊状態。
でも、気持ちいいんだ、コレが。

濡れるのって、想像以上に体力を奪われる。
でも、それ以上に気力が沸いてくるから、担いでいる時には気がつかない、
担ぎ終わったあとの気怠さが半端じゃない。

あんなに水被ったのに喉カラカラ。

そして頂いたビールの旨かったこと(>_<)

のんべぇ
のんべぇです。


深川八幡のお祭りに携わったみなさん、お疲れ様でした。

数分後、濡れた半纏のまま電車に乗って
座席にも座れず、冷房に泣いたのは僕たちです(>_<)

冷房


にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小渡天王祭

毎年、御盆の恒例!
やってきました愛知県は豊田市の小渡!!

夢かけ風鈴や花火大会で有名ですよね。

小渡天王祭に、今年も参加させて頂きました。

この祭は、必ず8月15日に執り行われます。
だもんで、シフト制で動いている自分もこの祭に参加するために
人並みにカレンダー通りのお休みを頂きました。

14日に夜勤が開けてそのまま東京駅に向かい、新幹線で名古屋へ!!

新幹線

途中小田原で一緒に参加するツーマンセルの相棒と合流。
隠していたビールの空き缶を見つけられてキィキィと怒られる。

差したるトラブルも無く名古屋に到着し、栄の宿にイン。
相棒がどうも体調が万全では無いと言うことなので、
名古屋飯ツアーを変更して8分目軽食コースにした。

桜水産


これは、後々、正解だったと実感することになりました。
実はこの小渡天王祭の翌日は東京の深川八幡の水掛祭なんです。
連チャンで参加出来たのは、この休息が大きかったなぁ。

さて、翌日8:00に栄のレンタカー屋さんで軽自動車を借りる。
今回も昨年と同じ、北海道のヒグさんと師匠が同行。

車

ひぐ
伏見駅近くで合流

4人で軽自動車は割と重い(^_^;)

車も会社の人も最高なのだが、いかんせん昨年と同じ、
カーナビが最悪(^_^;)
旨く説明できないけれど、本当に反応が悪い。

そんなこんなで、昨年の記憶とも照らし合わせて小雨の中
自動車のなかでは、あの祭は、この祭はと、祭話で盛り上がる。

広瀬やなを超えたあたりで、中部勢のウエちゃんからメールを貰う。
川で待ってるよ〜。

この祭も、5月の三社祭に近いポジションで各地の祭好きの方と
会って、親睦を深められる僕らにとっては社交界の側面が有るんです。

東京組から別ルートでの参加の健太さん、マサニイさんらも来ているハズ。

さて、祭前のみそぎ・・・ではなく完全な水遊び。

水遊び

体育館の下の川で、フンドシ一本で昭和初期の子供の様に遊んできました。
雨の影響か、結構深かったのと水が冷たい。

防水カメラも、一度水につけたら、レンズが曇って湯煙画像になってしまいます。

そうこうしていると、警察官が巡回しにきて

警官

『結構深いですか?』

をを、猥褻物をとがめに来たのかと思った!!

聞けば矢作川上流で子供がおぼれたという事件が2日前に会ったそうで、
警戒に巡回していたとのこと。
少し先が僕の身長で胸まで有る事と、水が結構冷たいことを報告。

あんまり、危ないことをしないようにと周りの家族連れの人にも注意を呼びかけていました。

さて、結構少しで体も冷えてきたので、いつもの『芙蓉』さんでラーメン!!
頑張ってね〜、とお店に人に送り出して貰って、さぁ、松明作りです。

松明全景


出遅れてはいないと思うのだが、僕らが風鈴堂、智教院に到着した頃には
既に多くの参加者さんが松明を作っていた。

理想は軽くて見栄えの良い物なのですが、さすがにそれは難しいので
細くて軽いモノを作ろうと思います。
松明を担いで走る距離は1キロちょっとかなぁ?
軽そうなのを作ると、周りからもっと竹を詰めろとか、まだまだだ!
なんてマーラーやサタンの声が聞こえてきますが
そこは断る勇気と強い意志でヘタレ根性を見せてつけてやるのです!!


健太さん

ひろみさん

周りを見回せば、健太さんやマサニイさん、ヒロミ兄さんもいる。

じんげんさn

そして、祭のアーカイバー、じんげんさんも!

たけみつけた
さぁ、作るぞ!!

ウエちゃん松明

閣下

相棒

そうこうしているうちに、祭参加者の受付〜
ここで参加費を払って、半纏を借りるのです。

参加費
札で涼風を作る上様。

一通り作り終わったあとに早めに、着替え。

脱ぐ前に
着替える前にパシャリ!

いつしか、師匠が指揮してフンドシの切り分け作業。
前回は僕の円尾坂の仕立屋並みの切れ味を誇る鼻毛切りが大活躍でした。

いっつも思うんですが、こちらで頂く褌はモスという高級なものなので、
普段の晒しの褌とは違って、捨てずに持ち帰っています。

・・なんか、調子に乗って切りすぎた様な気もするんだが(^_^;)

松明行列参加者

さて、切り分けと、褌の着付けもあらかた終わったところで少しダラダラして
喋ったり散歩したりして、4:30頃に神事のために再び風鈴堂へ。

裏
裏と

表
表(^^)/

閣下と上様
閣下、重すぎない?と上様


神事を終えて・・・いよいよ水掛の神輿スタートです!!

今回は見回しても、毎年トラブルを起こす人が居ないので
本当に心易い!

オイサオイサの掛け声と共に、神輿発進です!!

総一郎

僕

ヒグさん

途中、風鈴寺と消防本部の間で休憩〜
もう、至るところで撮影会になってました(^^)/

相棒と
ガソリン補給

上様と
身長、同じくらいだよね?

この神輿はあんまり身長差に左右されないので良い。


そんなこんなで行ったり来たりを繰り返して神輿はお堂に戻る予定でしたが・・

無断駐車がお堂に向かう階段の前をふさいでいて、神輿はやむなく迂回。

堂にイン

そんなこんなで神輿が戻り、風鈴堂に戻ると既に轟轟と燃えさかる焔!
神事はすでに終わってしまっていました(^_^;)

う〜ん、残念!!

昨年の失敗として濡れた竹を多く使ってしまったので、今回は
乾いた竹をなるべく選んで入れました。

僕

師匠

獄卒


結果、今年の松明はスムースに着火して一気に燃え広がらず、良い案配です。
数年間参加していながら、今更持ちやすい持ち方を余興団の方に指南して頂いて
かなり負担が少くないっ、いけるっ!!

ズブ濡れだった半纏も焔にあぶられて乾いてきている。
神輿を担いでいる時に掛けて貰った水が、火の粉と熱波から
守ってくれている様で、心地良い。
くべられた竹が爆ぜる音と飛び散る火の粉の蛍火が現実感を奪う。

さぁ、僕が走る番だ。

前の炎、後ろの焔を感じながら真ん中を保って走る。

オイサオイサの掛け声を会わせて、道を照らしながら走ろう。
夢掛け風鈴が続く道を、夜に延び縮みする影と遊びながら。

疲れてくれば掛かる水と声援。

1キロなんてあっという間。

それでも、ながーく走っていた気がしました。

川で消火して、振り返れば、あとからくるトーチとオイサの蛮声。

爆ぜる竹の音と、花火の爆音が重なった気がした。


うっひゃぁ、終わった〜(>_<)
でもまだまだ、駆け下りてくる走者に、僕が掛けて貰った声を返さないと。

オイサオイサ!!

はしらんか


梅屋という、健太さんも留まっている宿で風呂を頂いて着替え。
濡れた半纏、褌を外して、汗を流して乾いた服を着る。

びゅーだね

用意して頂いたビールと鮎の塩焼きの巧いことっ!
ビューだねっ!!

あぁぁ、疲れた〜
きもちいぃぃぃ!!!

おわた


さぁ、帰ろう。

相棒にはもう少し頑張って車の運転をしてもらわにゃ〜。

『未練は無いですか!?』と、余興団の前団長に今年も言われた。
無いわけ無いじゃ無いですか〜。

御盆はご先祖様が帰ってくる日なんですよね?
8月15日は、僕がここに帰ってくる日になりつつあります。

また、来年も来ても良いですか〜(^^)/

こまったこまった

帰りの新幹線が、京都の豪雨で運転見合わせたのは内緒〜♪
困った困った〜(^^)/

…そういえば、バスが炎上して帰れなくなった事もあったよなぁ。

何コレ

きしめん

そんんなこんなで、名古屋地下街、エスカで食事券が当たって、
きしめん食べて、無事に東京に戻れましたとさ、めでたしめでたし。



にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

王子神社槍祭

王子神社の槍祭に参加してきました。

ポスター

こちらの祭も僕にとっては思い出深い祭です。

例年『電気のひらつか』さんから袢纏を貸して頂いていまして、
今年も、町会長さんと平塚さんから本町一丁目の袢纏を融通して頂きました。

埼玉の祭は暑い時期にやるので少し涼しくなる夕方から夜に行われる事が多いと書きましたが、
こちら、王子本町一丁目の神輿は逆に、朝早めに初めて昼に終了です。

コレが、非常にありがたい。

まぁ、例年通りなのですが、暑い!!!

足袋を履いていてなお、足裏が熱いと感じるくらい
アスファルトが焼けてます。

今回も7:30に王子駅に集まっていただいて、ロッカーで着替え。
ニューデイズのサンドイッチで軽い朝食と、ヘルシア呑んでダイエット準備!!

少し早めに集まって頂いたのですが、みなさん祭慣れしてらっしゃる方が多いので、
到着、袢纏渡し、着替え、ロッカー閉め迄に10分も掛からなかった。

着替え

貸して頂いた半纏より希望者が多くなってしまったので、今回は
廻して着て担ぎましょうと伝えてあったのですが・・・

いざ配ってみたら、なんと1枚多く入っていたので、ここは有り難く
その偶然の手違いを神様のギフトだと思って拝借致しました。

境内1

境内2
小泉御夫妻〜♪

今年は大祭で、連合渡御が行われます。
王子神社には十数基の神輿は勢揃いです。

神輿も壮観ですが、各町会長、各消防団長が集結する姿も壮観です。
はぅ、印袢纏、着てみたい!!

8:00より、神事と集会が執り行われます。
この時間には既にカンカン照りで暑かったのですが、何故か神社の境内は
酷く暑いという感じはしませんでした、木が多いからかな?

印半纏の頭達の木遣りが格好良かったなぁ(^o^)

さ、担ぎます!!

担ぎ出し

ふたり

おか


笛の音と掛け声を会わせて・・・・

早い早い早い早いっ!!

出だしが行進曲の様に早い!

コレはみんなテンションMAXなんだねぇ。
坂道も有るし、みんな昼までこのテンションで行こうじゃ無いの!

休憩1

さすがに日差しも気温も高いので、休みは頻繁にとった。
各ポイントポイントで麦茶や塩飴を配って下さるお姉ちゃんが
バドガールよりも眩しく見えたのは言うまでも無いでしょう。

途中で差し入れて頂いた冷たい胡瓜が旨かった〜。

きゅうり

ずぶぬれ

ズブ濡れ2

なかよし
暑いのに、じゃれ合う仲良し(^_^;)

撒水ホースで水をかけて貰ったり、途中で氷をかって首を冷やしたり
何のかんの汗ダラダラかいてヒィヒィ言いながら担いでいるのが
本当に楽しいっ。

盗撮
盗撮されてました!

越後谷にて
越後屋さんの蕎麦旨い、こんどまた食べに行こう!

先代の町会長さんのお店、蕎麦の越後屋さんで少し長めの休憩を取って、
さぁ、気合いをフル回復、体力をプチ回復させていざ、女神輿です。

王子の旗

女神輿

何でも、女神輿を支えに入った男性が、口紅をさして担がれた
と、いう話をあとで聞いたのですが、見たかったなぁ。
そういう行為、大好きです。

毎度なんですが、結構な距離を女性陣で担ぐんですよ。

さぁ、ラストスパート!!

小泉夫

小泉妻

兄弟?

総一郎さん

僕


男性陣もまじって、最後神社への道を通って神酒所へ!!


数回揉んで、スムースイン!
太鼓の演奏も勇壮でした。

そして、直会。

いやぁぁぁ、疲れた暑かったお腹空いたぁぁぁ!!

もう一斉にみんな半纏を脱いで、木陰の風を堪能。
用意して頂いたお弁当とビールを頂いて、お疲れさんでした。

なおらい

まぁ、とにかく皆から渡された半纏の重いこと重いこと。

町会長の関原さんにもご挨拶できたし、
毎年、参加させて頂いて本当に有り難いです。

滅法界に楽しい槍祭の神輿でした。

来年以降も、是非宜しくお願いしま〜す。

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
プロフィール
神輿好きな自分の祭参加ブログです。拍手やコメントを貰えると喜びます。

響こーいち

Author:響こーいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村
最新トラックバック
管理
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR