スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五大尊蘇民祭

まだ、書いていない祭で
七日堂裸詣りと江ノ島寒中錬成神輿があるのですが、
先にこちらを書かせて下さい。

二つの蘇民祭です。

まずは、岩手県花巻の五大尊蘇民祭です。

ポスター看板

『黒石寺蘇民祭にでて五大尊蘇民祭でてへんの?』

そんな言葉を頂いたのが昨年の蘇民祭夏参りの時です。
一週目の夏参りに声をかけて頂いた方は、このブログを読んで下さっている方で、
『昨日から岩手にきとるんやったら、五大尊の出たらええのに。』

そんな言葉を頂いたので、調べてみた。
教えて、ケペル先生!!

花巻の光勝寺の蘇民祭で、旧暦1月7日の朝に蘇民袋争奪戦。

つまり、黒石寺は夜からだから二軒ハシゴが出来るんですね!
しかも、五大尊蘇民祭には前夜祭というべき裸詣りがあるんです。

まぁ、出来ることならそこから出たいよなぁ〜

なんて、言う話を昨年の黒石寺で知り合った東京のきちぼー君と話していましたら
行ったことがあるよ〜、行くなら一緒にいこうよ!
と言って下さる方が現れました。

七日堂でも一緒に参加した、東京のてるぅさんです。
手続きの仕方からナニから手際よく教えて貰って、申し込みも完了。

本当は新幹線で行くつもりだった所をキャンセルして、
てるぅさんの車で連れて行って貰えることになりました。

『少し早めにいって、前回のカップ返却しなきゃいけないんだ〜』

・・・・

『なんと、昨年五大尊蘇民祭の3番取り主様だったんですとぉぉ!! 』
そら、よく知っているはずだ。

でもよく考えたら、これってもの凄くすごい奇跡的な巡り合わせですよね。
現地地元ならともかく、関東の埼玉県民と東京都民と八王子の子が
一年かけて仲良くなって、一台の車で同じ祭に行くなんてねぇ。

丁度一年前は3人とも全く話したこともなかったのにねぇ。

そんなこんなで
僕の夜勤が終わったのが24日の朝9:40
職場まで向かえに来てくれた赤くて3倍速い、てるぅ専用デミオ。

一緒に行動するのが殆ど初めてなので、人見知りな自分に間が持つかという
不安をよそに・・・ガンダムの話でもりあがりつつ、うとうと寝てました。

雪もなかったのが幸いし、ナビの予測演算した到着時間がグングン早まっていく。

『これ、水沢のカフェに行けそうだよ!』
という言葉をきっかけに、アスラーダ!ブースト・オン!という幻聴が聞こえたのは
菅生だったからでしょうか。

水沢に到着して、僕が梨汁ぶっしゃーな状態で到着しました

『Dee Dee's Cafe』

昨年、こちらで黒石寺蘇民祭の色んな話をきいて楽しかったのと
同人誌を分けて貰ったって話で2人とも来たがっていた。
なにしろ年間500時間は蘇民祭の話をしているという蘇民祭マニアの店だ。

開店と殆ど同時に入ってドリンクを注文して壱時間ほど話し込んで、
蘇民祭への意欲をMAXハイテンションに持っていけました。

さて、花巻の五大尊です。

てるぅさんが3番取り主のカップを返却し、公民館に向かいます。
そこで、事前申し込みしている最終参加を確認して、着替えです。

道具

晒を一反もってこいと言われていたので、コレを縦半分に折って、
腹巻きにまで締め込みます。
僕は1人では出来ませんね(^^)

禊ぎ場

と、その前に、締め込む前に、禊ぎです。
すっぱだかになって、右肩、左肩、右肩の順に水を被ります。

をを、さすがに冷たい。
雪が無いとは言え、普通に気温マイナスだからねぇ。

体を拭いて締め込みをして、御幣のついた注連縄をしめ、
足袋をはき、その上にわらじを履きます。

草鞋

・・・締め込みの前に先に足袋と草鞋を履いておけば良かった。
前かがめない(^_^;)

そんなこんなで、自分の名前と年齢の入った角灯を授かっていざ出陣。

途中までは邪正!そうジャッソーの掛け声で歩いて行きます。
そのときに誰にも触らない、触られないでくれとのこと。

星が綺麗なこと、そして周りに全く明かりのない世界に
角灯の中で揺れる蝋燭の炎が裸男に運ばれて揺らめく光のムカデ。

一番鳥居まで来ると渡されていたカミフ(漢字解らない)を口に咥え
ここから喋ることは出来ません。
そのまま階段を上り、堂のなかに入り住職からの御祓い?を受けました。
その後、外に出て、炊きあげた炎のなかにカミフと御札、そして角灯を
投じて炊きあげて貰いました。

角灯


あとは、来た道を辿って公民館へ帰って直会です。

星が綺麗だねとか、カミフ咥えて階段登って息が切れたとか
そんな話しながらタラタラ歩いて帰還。

そしたらすでに直会が始まりかけていて、焦って着替えて直会開始。

なおらい


世話役さんで元取り主二人に囲まれて色んな話を聞かせて貰った〜。
アベさんと言う世話役さん、本当に人が良い。

地元参加者の中には争奪戦も褌姿ではなく、ズボンで参加する人も居る。

『一昔前、なんか偉そうなカメラマンが伝統的に褌で参加を徹底させろとか
自分のポリシーを押しつけてきようとしたけど、今度また来たらいじめちゃる』
なんて、自分たちの祭にシッカリ、芯を持っていらっしゃる。

本当に楽しく時間が過ぎて行った。
黒石寺蘇民祭の精進の都合であんまり食い物は口に出来なかったけど、
オバチャンが玉子、ネギ抜きの暖かい蕎麦を僕ら3人の為に作ってくれた。

明日の蘇民袋争奪戦も頑張るよ!!


翌日!!

早めに来て正解だった。
駐車場が結構混み合っていた。

東屋みたいな場所で争奪戦エントリーを済ませて餅巻き待機。

きがえるの


鶏を模した冠を拝した猿田彦が登場して御炊きあげ。

その後、僕らは褌一本になって待機。

着替えて


ミカン撒き、餅撒き、福玉撒きも終了していざ袋が登場です。

ここの蘇民袋は中に小間木の入ったまま取り合います。

人数もあるのでしょう、黒石寺よりも結構触れて、抱えられた。
すぐに奪われるけど(^_^;)

雪がない分、足が滑らなくてみんな蹈鞴を踏む。
参加者の中には褌ではなく、ズボンで参加のかたもいる。

金具は危険なので、ベルトはぬいて注連縄のような縄紐でズボンを押さえている。
コレはコレで格好いい!

そうなんだよね、コレはこの町の祭なんだもの。
周りを見ればズボンに半纏に革ベルト、それにゴム長に野球帽なんて格好のおじさんが
生活してるんですもの、これはこの場所のフォーマルなんだ。

途中水をかけられると、滑りが良くなって争奪戦の肉の壁に滑り込みやすくなる。
ただ、やっぱり寒いから体温ですぐに蒸発しちゃう。
周りの水をかけるひとたちも楽しそうだ。

あべさんが水かけようとしている!

桶を力一杯ふる、遠心力は水を桶にとどめたまま頂点でとまり・・・
あっ、自爆した。

水はそのまま、あべさんの頭からザブンと(^_^;)
それはそれは皆、大爆笑です。
この事件が、実は2件くらい同時にあった見たい。

とりあい


さて、最終局面、消防団の集会所のような場所で、最終点近くで

あっという間に袋が誰かに持ち去られたのです。

みれば最終点にダッシュする一人の裸男が・・・

追えぇぇぇぇぇ!!!!

結局間に合わずに、そのかたが今年の取り主様に(^^)/

いやぁ、やられたやられた。

表彰式ではその方、いくつのカップや賞状や旗を貰ったんだろう。

僕も貰ったよ、遠方賞!
埼玉からの参加を向かえてくれて、歓迎して下さって本当に有り難いです。

さて、擦り傷と泥だらけの体を流して、夜の黒石寺に備えましょう。

素敵な五大尊蘇民祭、絶対にまた参加したいです。

黒石寺蘇民祭に続く

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

平塚神社・歳旦祭

12月31日
言わずと知れた大晦日!

年末年始のお休みは元旦しかない僕でしたが
31は夜勤の明け、元旦は休みなので、参加出来るお祭りです。

平塚神社の歳旦祭!!

いつも通り、エイちゃんと赤羽のジョナサンで待ち合わせて
今年の祭の話とかで盛り上がった。

上中里の駅に到着して、いつも通りロッカーで着替え!
というか、僕は股引を脱ぐだけなんで、ロッカーさえ
空いていれば、股引きと財布入れるだけです。

エイちゃんがここで着替えをして、ジャンパーを脱ぎ、半纏を着込み
ロッカーの鍵を預かってポーチに入れて預かりました。

この日は夜中も電車が走っているのですが、一時間に二本くらいしか走っていません。
一本逃すと、30分以上待たなくてはいけないのです(^_^;)。

僕と、エイちゃんは上中里で違う方向の電車に乗るので、

『こーいちさん、電車が来たら僕にかまわず先に行って下さい!』
と、死亡フラグめいたことを言われました。

・・・僕がロッカーの鍵持っているんだけどなぁ(^_^;)


神社ではいつものメンツ(^^)/

本当に良い空気ですよね、寒さもそれほどで無いので、
顔や腿に当たる夜風も気持ちいい。
でもズッと動かなかったら寒くなるんだろうな。

同好会の代表としてピンクのタスキを渡されました。

きたすき

11:30くらいから担ぎ出し。
距離はそんなでもないけれど、とにかく今年最後という
熱々の思いからか、結構激しく渡御されていきます。

周りの駐車してある車が本当に邪魔です(^_^;)

途中、00:00!!

2014→2015の瞬間は、僕は神輿の外にいましたが、
明けましておめでとうございます〜!!と多分あの場で一番に叫べたと思う。

一旦休憩して、そこかしこで、一番近い人同士で交わされる
新年の挨拶!!

こんな息の切れた熱い賀詞はないよね〜(^^)/

さぁ、復路だ、休憩よりも担いでいた方が暖かい。
ノンビリと、交代交代でいこうと、その場で決まったようで
早めに出発発進!

往路より復路の方がみっちり入って、交代も早い。
後半の方が消防団の方もなれたような、入れ替わりを邪魔されなかった。

あっというまの1時間。

今年も、色々と祭の縁が広がっていくと嬉しいです。

お終い・・・

ではないんです。


先ほど申した上中里の駅にて。
ホームにガラス張りの待合室が有るんですが、そこで休憩していたら
酔っ払った女の子がエスカレータが転がり落ちてきた(^_^;)

見た目はどこも出血とかしていなかったけど、大丈夫だったかな。

ま、まぁ歩いて行ったから大丈夫だろう。

そのあとは若駒會の方や菅原睦良友會の方と色々な
お話を聞かせて貰ったりして、楽しい時間を過ごした。

電車も来た!

さ、ヨドバシカメラに福袋買いに行こう!!(02:30)

今年も宜しくお願いします(2月18日記)

にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
プロフィール
神輿好きな自分の祭参加ブログです。拍手やコメントを貰えると喜びます。

響こーいち

Author:響こーいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村
最新トラックバック
管理
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。