下落合氷川神社おまつり

下落合氷川神社の祭に参加させて頂きました。
我々の間では、高田馬場駅で待ち合わせるので
馬場の神輿と呼んでいました。

久しぶりの響半纏〜
と言うか、本当にこの半纏で担げる機会が
こんなに増えるとは思わなかった。

よろい睦さんの仕切るこの祭は毎年
牛嶋神社さんなど、色々な祭と重なっちゃうんですよね。

神輿ってどこそこが楽しいと言うより、
誰と担ぐかこそ、全てだとおもう。

行田、本庄と同じく、やっぱりこの祭は
メンツが最高なんです。


毎度の事ながら僕は夜勤明けに馬場に。
いつも龍朝會さんや飛鳥さん八坂さんと
ラーメン屋で食ってから神酒所に向かいます。
楽しいんです、そしてテンション上げて気分良く担ぐんです。

やきんあけ


昼集合組と合流して神酒所へ。
しゅうごー

集合2

むかう


保育園の庭をお借りして着替えスペースを用意して頂いた。
至れり尽くせりです。

神酒所

みこし


さぁ、担ぐぞぉ。

みんなでかつぐ

みんなでかつぐ2

みんなでかつぐ3

担げ4


ズッシリと重い神輿ですが、高揚した気分に
何人もの担ぎ手さんが代わる代わるに入って
キツイという感覚無く、大汗をかいて渡御。

カトさん


数年前にみた少女が美女になる
数年前にみた少年が彼女作ってる

そか、それくらい御世話になって経つんだ。

なごや


途中、仕事で上京してきた遠方の友人も応援に来てくれた。
どうにか画策して神輿に入れたかったのだが、丁重に辞退されてしまいました。

休憩
歩道橋の上から休憩現場をパシャリ

盗撮
ウチの子ら、どんな話してるんだ?ニンニン。


途中振る舞われた酢の効いた干瓢巻きが旨かった〜。
ハンバーガーもコロッケも塩っ気欲しい体には有り難い。
ごちそうさまでした。

神輿が宮入する直前、各同好会が前棒を占めて担がせて貰える。
響の名前が呼ばれると、一斉に左肩右棒を黒半纏で埋める。

で、
『どうです?普通に担ぐ? 楽しく担ぐ??』と聞かれ

そりゃ
『楽しくお願いしま〜す!!!』と応える。

一斉に他の睦さん(おもに飛鳥さん)に取り囲まれて揉みくちゃに!

そーれ突っ込め


宮入前

宮入2


勿論、僕らが抜けて他の会の方が入り、楽しく担ぐといったら
僕らも揉みくちゃにしに殺到して悪巫山戯る!

そう、楽しんだ者の同点優勝なのだ。

この楽しみ方のバランスが絶妙に居心地の良いメンツなんです。

さあ、目と鼻の先の神酒所に駐基するのだが、
あと少しで終わりだと皆わかっているから意地を張らずに
代わる代わる、男性女性関係無く背の高さ低さも関係なく。

カンカンカンと拍子木が鳴ってウマが入って
お疲れ様でした〜。

この日は本当に大して暑い日ではなかったのですが、
半纏はぐっしょりで、かなり大汗かいていました。

よろいさんの前で、締めさせて頂いて、
手締め
祭、終了〜。

さ、みんな呑んで帰るよ!!

のむよ


気の良い仲間に囲まれて、酒飲めて、
そりゃぁ、滅法界に気分のいい一日を過ごす事が出来ました。

本当に皆さん、ありがとうございました。


にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

小渡天王祭

にゃごや〜

御盆はご先祖様が帰ってくるらしいですが、
僕らは愛知県に集まるのです。

マップ


毎年8月15日に行われる小渡天王祭は

松明作り
水掛神輿
松明行列
花火見物

が一日で楽しめるとてもお得なお祭りです。


このブログではおなじみですよね〜

今年もまた、夜勤明けに東京駅から新幹線で名古屋まで
びゅんと言ってきました。
当初は高速バスで行っていたのに、出世したもんだなぁ。

というか、最近バスの方が取れなくなってきた。

14日は名古屋でキャイキャイと名古屋飯を堪能しました。

15日は朝からレンタカーを借りて
蘇民祭メンバー集合して5人キツキツドライブです。

名古屋駅から壱時間ちょっとくらいで
豊田の旭に到着です。

各地の友達との待ち合わせになってる矢作川
こちらでいつもの川遊び〜。

川で


そして飯はいつもの芙蓉さんでカレー。


腹一杯になったところで松明作りです。
皆で沢山汗流しながら、一所懸命作りました〜

いんたびゅー

松明つくろう

出陣

きちぼーさん


今回はNHKさんや、ケーブルテレビ?さんが来ていました。
一応僕もインタビューされたんですが、ばっさりカットされていました。

少し休憩をして、褌を締めに移動です。

押切さんと師匠
初めて参加した時からお世話になった押切さん。

びぃるとのぼり
ハーブソーセージ最高!

その後は、神事を行って、いざ樽神輿発進。

神事


ここからが水の祭!!
周りからザブザブ水を掛けて貰いながら
こちらはオイサオイサの掛け声で担いで、ダッシュ!

僕も走る

団長とウニさん

てるぅさんはしる

じゃんぷ

イチカメさんどっち?



ふぁぁ、すっごい疲れるけれど気持ちいい!!

二往復くらいを目処に交代していって、ドンドン坂を下りていく。
中間地点のコンビニ前で、一番テンションの上がる回転が入ります。

そりゃ、盛り上がる。ギャラリーも多いんですもん。

神輿はそのまま、先ほど着替えた会館横から階段を上がって駐基。

神輿は大興奮のまま終了!!

神輿の担ぎ手はこの後は炎の運び手になるのです。

相棒松明

松明こーいち

ひかこい



さあ、ここからは火の祭!!

火を頂く


先ほど作った自分の体力にあった松明。
焚き火のから炎を移して矢作川まで運びます。

御盆の火はきっと送り火なんでしょうね。
ここでもオイサオイサの掛け声で先ほど神輿で通った
この坂を駆け下りていきます。

そういちろう松明

俺はしる


昨年ようやく掴んだコツで松明を担いで、今回はわりと
苦しい思いをせずに最後まで走れた〜。

浴びせられた水なのか、噴き出た汗なのかわからないけれど
ズブ濡れの体を引きずって控え室に向かう途中!

大輪の花火が炸裂した。

花火


ふぁぁ、気持ちいいなぁ。

今年も本当にお疲れ様でした。
また来年も絶対にきて、この景色を見ながら
ビールが飲みたいですっ!!

終わった〜


翌日、新幹線は勿論自由席で小田原までは立って移動。
相棒はそこで下車、今回はまた運転とか本当にありがとう。

小田原から空いたので座って東京まで帰れました。
疲れたけれど楽しかったねぇ〜。


にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
プロフィール
神輿好きな自分の祭参加ブログです。拍手やコメントを貰えると喜びます。

響こーいち

Author:響こーいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
日本ブログ村
最新トラックバック
管理
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR